City Lights  HAIR SALON

東京都杉並区高円寺南3-37-19 1F
03-3311-8199 火曜日定休
11:00 ~ 19:00(カット最終受付19:00 パーマ&カラー最終受付18:00)
info@city-lights.jp
CityLights_coをフォローしましょう
   



2010年11月にオープンいたしました。

髪のご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

ひとりで営んでおります。

予約が入った時点で貸し切りとなります。

お友達同士、ご家族、ご夫婦、小さいお子さんのいるお母さまも、
気兼ねなくお過ごしいただけると思います。

もちろんおひとりでも。

毎日が少しでも楽しくなるようにお手伝いさせてください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


CITY LIGHTS







2010/10/07

5 なぜ現在に至ったのか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




HAIR SALON  City Lights(ヘアサロン シティライツ)
杉並区高円寺南3-37-19 1F
03-3311-8199
info@city-lights.jp
 
CityLights_coをフォローしましょう  







2010年11月にオープンいたしました。

髪のご相談等ございましたら、お気軽にお電話ください。

ひとりで営んでいる為、
電話にでられない事もございますがあらかじめご了承ください。

予約が入った時点で貸し切りとなります。

お友達同士、ご家族やご夫婦、小さいお子さんのいるお母さまも、
気兼ねなくお過ごしいただけると思います。

もちろんおひとりでも。

毎日が少しでも楽しくなるようにお手伝いさせてください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


CITY LIGHTS


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つづきを書きます。


高円寺で美容室を営む事にしました。
オープンはまだ未定です。

今回からは内装の経過を綴っていきます。
過去にさかのぼって綴っております。



9月中旬

少しでも内装費をうかす為、床を自分でやり始めた。
それと平行して、Mーさんとお互いの意見で内装のデザインを検討し、見積もりをたてて頂く事に。

床の作業は至ってシンプル。
ひたすら剥がすという作業である。

前回も綴ったが、ビニールカーペットを剥がすと、裏の紙部分が床に残ってしまう。
糊でべったりついているのだ。
これをスクレーパーでひたすら剥がしていく。
端の固まっているところは、小さいスクレーパーとハンマーで剥がす。

一番下のグリップの黄色い長いスクレーパーを使用↓



べったり糊が付いている為、結構力を入れないと剥がれない。
思いのほか肉体労働。
しかしこの作業、嫌いではない。
だが次の日、全身筋肉痛。


そして3時間でこれが↓



このくらい↓



まだ暑かった為、全身びしょぬれになったが、
意外といいペースのような。



ところが部分的に固まってるところや粘着が強いところがあったりで、作業難航。
結局全部剥がすのにかかった日数1週間。
天井のボードはM-さんが撤去。ありがとう。


途中経過。写真ひだりがM-さん。↓



1週間後の床↓



しかし床には強力なべたつきが残っており、歩くのが困難な状況。

こんなのすぐにとれるだろう。

ところが、これが全然とれない。
はじめはスクレーパーで根こそぎ削ってしまえばいいと思っていたが、無理、、とれない、、、
では、強力粘着リムーバーでトライするがびくともしない、、
じゃ、シンナー系がいいのではとアセトンを購入し試してみるが、無理、、、
それでも剥がさなくてはならないので、こつこつやるが成果なし、、

これ、完全に除去できるの?

聞くと、この作業はプロでもいやがる行程なのだそうです。
未だにこの糊を除去する液体はないらしい。
そんなことはないと思い、ネットで検索するが除去できる液体が見つからない。

え、プロはどうしてるんだ?

除去する方法は無い訳ではない。
ただプロにお願いすると、だいぶ大掛かりな重機を入れての作業になるため30万くらいかかることが判明。

それは無理だ。





9月下旬

もう、サンダーをレンタルして自分で削るしかないのか。
レンタルだったら多少は出費を抑えられる。
そしてYに聞いた恵比寿にある重機レンタル屋さんに向かい、事情を話した。

「あまりおすすめしない」

そんな答えが返ってきた。

重機をつかうと熱で余計粘着性を増し、厄介なことになると。
スタッフの方が経験したことがあると教えてくれた。
すると、

「もしかしたら、この液体が有効かもしれません」

そして出てきた液体がこれ、グラフィティリムーバー↓




大豆とトウモロコシの成分からできているアメリカ製の液体。

そんなナチュラルな成分で本当にとれるの?

Yといっしょに現場に戻り早速試してみる。
床に吹き付け5分程放置、そしてスクレーパーで剥がしてぞうきんで拭き取ってみる。

さて、どうかな。



おー!

とれた!!!





Yと僕は感動の嵐。
さすがアメリカ。
すごいと思い容器を確認。
メーカー名がスパルタンケミカル社。
名前がただものではない。

社名はケミカルかーいとつっこみつつ、二人は感動の余韻に浸るのであった。

最初からこの液体と出会っていれば。
ありがとございました、オマタ土鉱機商会 さん。

後日、まったく同じ状況で糊が除去できないという内装業の方々3人が噂を聞きつけ現調に。

「ほんとだ、とれてる」

と、また感動の嵐。
さっそく購入とのこと。

糊でお困りの皆さん、これは試す価値ありです。





9月下旬

グラフィティリムーバーを吹きかけ、小さいスクレーパーで丁寧に削り、水拭きで拭き取る。









そして3日程で、無事に糊を除去することができました。
本当に本当に良かった。

ただ、完璧にはとれていないので、後日ポリッシャーで磨いて頂くことに。


これは大家さんからの差し入れ↓

画像以外も沢山いただきました。
ありがとうございます、大家さんYさん。



次は設備の工事。





つづく






0 件のコメント: